仕事納め2013/12/27 15:20:35

仕事納め

なにかと なにかな一年でした...


公私ともに環境の変化に順応したような翻弄されたような.

でも 努力で変えられる環境なんてほんの僅かで受け入れるしかないんだよね.

その上でどう生命を繋いで行くか.


時間は止められないのだから.... (-_)フッ


繁忙2013/12/10 19:19:18

繁忙

血迷った...


忙しいと 時にトンでもない事をしでかしそうになる.


あぶねーあぶねー.... (-_)フッ


空気は師走なんだなぁ2013/12/07 11:23:52

空気は師走なんだなぁ

禁酒治療も三ヶ月...


理由はどうあれ休日に電車に乗って出掛けるのも悪くない.

銀杏の葉もう終盤 もう街は師走の空気.

毎日通ってる街だけど土日は違う顔を持ってるのね.


この空気 嫌いじゃない.... (-_)フッ


くさや行脚2013/12/05 18:19:20

くさや行脚

と言っても干物は食べなかったけどね...


富士山を撮るには行きの午前中の方が空が青くて富士山が栄えるんだけど 行きは海側で撮れなかったのさ.
でね 三列席の窓側だったんだけど 次の浜松で通路側の席に女が座った.
二十代でキャリーバッグ引きずって その他にメインバッグとサブバッグの大荷物で真ん中席をこちらの荷物と暗黙の会釈でシェアした.

んで この女がまた ケバくて そのクセ黒のパンツスーツで ナニカの外交員の講習会?的な…

香水の香りと 妙な真面目風さと ケバを隠そうとする健気さがドンピシャ好み.
いや 顔はマスクで見えないけどね(笑

ってかね 次の駅で降りたいんだけど その荷物の広げ方からして おいらはどうしたらスマートに降りられるかばかり考えてた.

で アナウンスの入る数秒前に降りるそぶりを見せて コートを羽織りそのポケットに空き缶を入れる.
彼女は素振りに気付いて 慌ててキャリーケースを降ろそうとするおいらに「あたしどうしたらいいですか?」って慌てた.

「おれの女になれ」って言いたかったけど(笑

「あぁ だいじょうぶだよ」っていつもより低めの声で言ってみた.
たぶん 今頃彼女はおいらの事 忘れられなくなってる筈だな...


って 男ってや~ねぇ.... (-_)フッ


私だって怒る事がある2013/11/25 18:16:17

骨身に滲みる

いや むしろ”傘の新品感”がある内はニコヤカ...


出勤時は曇っていたが 本日は雨模様.

長傘を持って出た思惑通り 程なく雨が降りシタリ顔.

昼下がりに出掛ける事となり あまりの強風に傘を壊した人たちを横目に必死に傘をガード もう 傘ささないで帰ろうかと思ったくらい.

事務所への帰りはもっと強風で 赴く時の怒りが懇願に.


やがて泣き顔.... (-_)フッ


傘のある風景2013/11/15 12:48:28

傘のある風景

この傘にしてから雨の日も苦痛ではない...


雨が降るたびに寒くなり いつしか冬の寒さだ.
新しい傘を買うと雨の日が楽しみだった子供の頃.
あの頃より精神的成長はしていない様だ.
傘のある風景02

いや 少し成長した所と言えば「寒い」ものは やはり寒い.
それは「雨」は受け入れられても
「寒さ」は受け付けない肉体的成長なのだ.

新しいモノのワクワク感は非常に揮発性が高く
新しさが消えた時に気に入ったモノと変化していく.
雨傘と言うのは何時でも使える道具ではなく天候次第.
そんな意味でも 長くワクワク感が楽しめる代物のひとつかな.


雨乞いはしない.... (-_)フッ


季節到来2013/11/12 18:57:57

Schott PEA JACKET

今朝はめっちゃ寒かった...


って事で朝からクローゼットを漁って引っぱり出して来ました.
電車の中で浮いてたらどうしようかと思いつつ駅に着いたらみんな冬装備.
ただ電車から降りるとホームはウールの埃が人波の間を舞っていた.


冬の風景だなぁ.... (-_)フッ